はじめての方へ

そもそも、ヨガってなに?

ヨーガ( yoga)は、古代インドに発祥した伝統的な宗教的行法で、心身を鍛錬によって制御し、精神を統一して古代インドの人生究極の目標である輪廻転生からの「解脱(モークシャ)」に至ろうとするものである。ヨガとも表記される。漢訳は瑜伽(ゆが)。(Wikipediaより引用)

ものすごーくざっくりいうと、「心身の鍛錬」なのかなと、私は思っています。
宗教や哲学的な要素が強く、難しい解釈もありますし、もっと精神的なものを得るためにやっている人もいますが、
私がヨガをやっていることで得られていることはそういうことではないかと考えています。

みなさんが「ヨガ」と聞いて想像するものは、ポーズをとる体操のようなもの。
つまり、スポーツジムやスタジオで教わる「アレ」だと思います。
もちろん、それも「ヨガ」です。

が、「瞑想」もヨガですし、「呼吸法」もヨガですし、マントラを唱えることもヨガです。
ヨガの教えに基づいた行動もヨガと呼べます。

「心身の鍛錬」というと堅苦しいですが、それによって「心身のバランスを整える・保つ」ということなのだと思います。

ヨガの語源は、サンスクリット語の「ユジュ」。
「ユジュ」とは、「軛(くびき)をつける」の意味があります。
軛(くびき)とは、車の轅(ながえ)の先につけ、牛馬のくびにあてる横木のことです。
つまり、「ヨガ」には「繋げる・結びつける」という意味があるということです。

現代は心と体のバランスを取るのが難しいと思います。
どちらかを置き去りに頑張りすぎて、自分では気付かないところでバランスが崩れていることがあります。

姿勢を正し、呼吸を調え、意識を集中する。
それで「心と体を繋げて、心身のバランスを整える」ことが可能になる。

それが「ヨガ」なのだと思います。

体がやわらかくないといけないの?

やわらかくなくても、大丈夫です。

よく心配され、話されることですね。

ヨガにはたくさんのポーズがあります。
確かに柔軟性をより必要とするポーズもあります。

教わりつつ、見よう見真似で始めるヨガは、どうしてもよりお手本に近づけようとしてしまいます。
メディアに取り上げられるポーズは美しいですね。確かに同じようにできたらいいなと思います。

『他の人と比べてしまう、できないと頑張ってしまう。』

けれど、身体もそれぞれ個性があります。人それぞれ違います。
苦手なポーズ、できないことがあるのは当たり前です。
私も苦手なポーズ、思うように動かない関節、できないことがあります。

ヨガのポーズには、それぞれの効果があります。
無理をせず、自分なりに効いてる・変化している感覚を持てればいいのです。
伸びて気持ちいいな。という、単純なことでも十分効果的なのです。

呼吸に意識を、自分自身に意識を向ける。
それだけで十分、ヨガができていると云えます。

実はヨガには筋力も必要です。
それも、続けることで、自然に備わっていきます。
筋力も柔軟性も、自然についていきます。(もちろん、継続が必要です)
そしてできなかったポーズが、あるとき出来たりします。

ヨガは自分自身に意識を向けていくことです。
他人やお手本と比べたりする必要はありません。
マイペースに無理なく行うことで、安全に怪我をせず続けられます。
ヨガが高齢の方もできる理由のひとつです。

難しいことは考えず、無理なく楽しんで続けられたらと思います。